写真撮影の時間と武田双雲の丁寧道

こんにちわ

大阪出張撮影 Foto Coloreの松井舞です


最近、大阪大丸でされていた

武田双雲の個展にいってきました。





めーーーーーーっちゃよかったです。

こんなにパワフルで、

心の内側まで刺激がくる展示会は、初めてに近いのでは、と思いました。

本気で創作を楽しんでいる

本気で今を生きている

本気で遊んでいる


そんな感じが伝わってきた。


遊び心


ぜひ、皆さんも見に行ってほしい^^


そんな武田双雲の著書に、

「丁寧道」というものがあります。


この丁寧道って、簡単に言うと

対象物をじっくり感じまくる、観察しまくる、楽しみまくる感じです(笑)

そして、過去でも未来でもなく、ただ、今に集中する。


これって、写真にも通じるところがあるなぁ、と思いました。


写真を撮るとき、

対象物をよく観察して、質感はどうやって出すのか、

どうやったらこの対象物がより美しく、よりその良さがわかるように、と

観察をすることから始まります。


未来でもなく、過去でもなく、ただそこに集中する時間*

そう思ったとき、

あ、写真ってやっぱり自分にとっては心を豊かにしてくれるものだ、

と改めて感じました


今まで以上に、丁寧に、

そして被写体(物)を愛でるように

感じて、写しとっていきたい、

と思いました*



カメラマンを始めて5年がたち、

その年の終わり目にとてもいい刺激を頂きました**


武田双雲、最高のアーティストです( *´艸`)